444番ホーム

読書子育て闘病投資買い物断捨離、せつない気持ちのゴミ捨て場

長い旅の途上

まだ一歳にもならぬ息子の瞳に、親の存在などと関係なく一人の人間として生きてゆく力をすでに感じるのはなぜだろう。そんな時、ふと、カーリル・ギブランの詩を思い出す。

 

 あなたの子どもは あなたの子どもではない

子どもは「生命」の渇望からの子どもである
子どもは あなたを通ってくる
しかし あなたからではない
子どもは あなたと共にある
しかし 子どもは あなたのものではない

あなたは 子どもに愛を与えることが出来る
しかし 考えを与えることは出来ない
子どもは 自分の考えをもっているのだから
あなたは 子どもの体を 動かしてやれる
しかし 子どもの心は 動かせない

子どもは 明日の家に生きている
あなたは それを訪ねることも 見ることもできない
あなたは あなたの子どもを 思い通りにしようとしてはいけない
人生は 後ろに退き 昨日にとどまるものではないのだから

 

長い旅の途上 (文春文庫)

長い旅の途上 (文春文庫)

 

 

広告を非表示にする