読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稚魚フォーエバー

せつない気持ちのゴミ捨て場

bonobosのライブを観ておもうこと

東京でbonobosのライブがあったわけですが、それを通して感じたことを書いてみたいと思います。

 

音楽家ってすごいなあ、といつも思います。

楽器を演奏できるだけでもすごいのに、お金を払っても聴きたい見たいと人々に思わせる、お金を払ってもらえる能力って、すごいです。

 

それに比べて自分は何をしているんだろうなあとも思います。

大きなものに触れたときに自分の小ささを強烈に意識してしまう。

 

音楽家ってなんであんなに愛嬌があるのかなあ。

なんであんなに指や足が動くのかなあ。

なんであんなに柔らかいのか。

不思議で仕方がない。

 

bonobosのアルバム「23区」は、晴れた夜に川沿いで聴きたい感じです。

 

23区

23区

 

 今日は寒い。