読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稚魚フォーエバー

せつない気持ちのゴミ捨て場

コーヒーと小説 庄野雄治 ミルブックス

徳島のコーヒーロースター庄野雄治さんによる短編小説のアンソロジー。

コーヒーにあう小説を集めたもので、コーヒーにまつわる小説集ではない。

 

庄野さんご自身による「はじめに」と「おわりに」には、ハードボイルドな感じがでていてよかった。

二時間くらいで書いたらしい。

「はじめに」は、こんな文章から始まる。

 

夢も希望もない人生を送っていたのだけれど、子どもが生まれる直前に会社を辞めて、自身の足で歩いて行くと腹をくくった。

 

「たかがコーヒーだから、細かいことは気にしないでいいんです」と言う庄野さんが、割と大雑把に淹れてくれたコーヒーは、おいしかった。

 

コーヒーと小説

コーヒーと小説